詐欺への対処法の巻
小額訴訟が起きた時

サスケ2007


基本的に、架空請求は身に覚えが無ければ「無視をすればOK」ですが、小額訴訟の場合は無視してはならない。

出頭に応じない場合、敗訴となり身に覚えの無い請求の支払いをしなければいけなくなる。


裁判所に出頭する
裁判所から「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が届いた場合は、裁判所への出頭が必要。
出頭さえすれば、相手は詐欺を行っているので当然分はこちらにある。裁判も僅かな時間で終わります。


通常訴訟への移行申述
郵送でも良いので訴訟に対する答弁書を出し、簡易裁判では無く通常の裁判で争う方法がある。
この場合はこちらが欠席しても原告(詐欺業者)は証拠を提出しなければいけないため、詐欺業者には分がありません。
しかし、簡易裁判よりも時間が掛かると言う欠点がある。


虎の巻 推奨サイト
600万人のマンモスサイト
これぞ出会い系ゥ

公証人の確定日付
詐欺への対処法
出会い系サイト虎の巻

(C) Copyright
出会い系サイト虎の巻