詐欺の手口の巻
支払い督促を偽る

サスケ2007


出会い系サイトなどから、「請求金額を支払ってくれない場合には、支払い督促により請求します」といった内容のメールが来ることがある。

支払い督促とは
書面審査だけで裁判所から債務者に対して督促状を送ってもらえる
債務者が放置して2週間が経過すれば、債権者は債務者の財産に強制執行できる
支払い督促の確定を避けるには、督促異議の申立てを行う必要がある


過去、この支払い督促の書式を偽造して消費者に送付するケースが数件発生している。

支払い督促という法律用語にビックリして支払いに応じてしまう人もいるが、その請求が不当であるならば絶対に支払うべきではない。

支払い督促は住所と名前がわからなければ使えないので、メールが来たとしても安易に連絡はしない。メールアドレスでは住所・名前を特定できない。

もし本当に支払い督促を受けたとしても、異議申し立てをすれば通常裁判へ移行できるので相手は証拠を提出しなければならなくなる。

不当な請求では証拠をそろえられない為に、悪質な出会い系サイトも訴状を取り下げるしかなくなる。

なお、「支払い督促」には、金銭を振り込む預金口座は記載されないので、振込口座の記載がある場合は偽者である。


虎の巻 推奨サイト
ココなら会えるよ抱
安心と信頼の出会い系

裁判手続きを悪用
詐欺の手口
出会い系サイト虎の巻

(C) Copyright
出会い系サイト虎の巻